マリッジキュレーター®十海ひかりプロフィール


TOKAI HIKARI

 

1967年長崎県生まれの名古屋育ち。慶応義塾大学美学美術史学科卒業後、公立美術館に学芸員勤務。社会教育施設でも、多種多様な教育プログラムを手がける。

 

なんとなくシングルで30代を過ごしていたが、ある時から職場環境・健康状態がどちらも大きく滞る極限状況を体験。「このまま人生終わらせたくない!」とリ・スタートをかけて45歳で日本相談所連盟(IBJ)での婚活を開始。翌年結婚。良い人との〈ご縁〉がもたらすポジティブパワーと創造性を実感し、結婚相談も多く受けるようになる。

 

この時、偏った知識や情報で、コンピュータシステムを使った結婚活動を躊躇する女性が多いことを実感。第二の人生は、デジタルとアナログ双方の良さを活かした縁結びで「幸せづくり」をしたいと考えるようになる。

 

48歳で藤沢市辻堂に移り住み、サンテマリアージュ辻堂を開設。あわせてライフオーガナイザー1級、アメリカ発心理学メソッドNLPマスタープラクティショナーの資格を取得。理論に基づく婚活アドバイスを実践。結婚は「着地点」ではなく「通過点」として、結婚から広がる〈ご縁の輪〉で大好きな湘南藤沢の、地域活性に貢献することも目指している。

 

湘南の日々をパートナーとお散歩、国内外旅行、太極拳などで満喫中。



ライフオーガナイザーとは:1970年代のアメリカで発祥。日本版は2008年に、思考と空間の整理のプロ『プロフェッショナル・オーガナイザー』として誕生した職業です。たんなる片付けではなく、思考や感情の整理から始める綿密なコンサルティングが特徴。生活のモノを使いやすく戻しやすい「仕組みづくり」を提言し、暮らしのストレスフリーで、有意義な人生を送る人が増えることを目指して活動しています。 

NLPマスタープラクティショナーとは:心理学と言語学の観点から体系化された「人間心理とコミュニケーションに関する学問」です。1970年初頭、アメリカでバンドラーとグリンダーにより始められました。NLPはNeuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の呼称で、マスタープラクティショナーはこのNLPスキルを人に伝える応用力を備えた資格です。


ロゴマークに込めた想い

 

幸せになったお二人と、たくさんの乾杯=サンテ!をしたくて

 

二つのフランス語を組み合わせました。

 

サンテ=乾杯(健康の意味も)
マリアージュ=別々の存在が調和した一つの状態になること

 

二人が巡り合って「ずっと以前からこうだったみたい…」とすんなりと一つの世界を創造する。 そんなご成婚を祝うたくさんの「乾杯!」をしていきたいと思っています。

 

※ロゴマークデザインは湘南のフリーペーパー『海のちかく』デザイナーの白石真里奈さん。桜の花に見えますが実はワイングラスをぐるっと10杯並べています!