34才 女性会員:マシュマロ女子はふんわり優しい男性と巡り会い


新婦Kさま(サンマリ会員 ご成婚時35才 販売職)と新郎Kさま(40才 自営業)

活動期間約7カ月で2024年ご成婚

女性ばかりの環境が続いて

コロナ時代を過ごし、一人でも楽しくやっていけるけど、一人の寂しさや孤独さを感じていたこともあり、35歳の誕生日を目前に入会を検討することにしました。保育士という仕事柄、職場に女性が多く、自然体での出会いが難しいということもありました。

 


話を聞いてもらいながら

無料コンサルで自分の気持ちを整理する中で「楽しいことも辛いことも共有できるパートナー」がいいなと思いました。私は一人であれこれ悩んだり、溜め込みがちになりやすいので、穏やかで心の広い方を希望しました。担当者と相談しながら婚活を進められる、結婚相談所のシステムはあっていたと思います。性格・感覚診断をしてもらえたのも良かったと思います。

写真撮影は同行していただきました。フォーマルなお見合い写真の他、体育会系として元気な感じの写真も撮影できて、自分の個性をアピールすることができました。


日常では出会えない方と

活動を開始して2週間ほどで初お見合いとなりました。お見合いはオンラインを活用して(コロナ対策のため)進めていきました。

データベースをもとにした婚活は、普段の生活や仕事では、なかなか出会う機会のない方ともお話できるチャンスがありました。保育士はアナログな仕事ので、IT関係や研究職といったデジタルな能力や仕事をお持ちの方に惹かれるなあと思ったりしました。


自然体で楽しめたデート

婚活開始から1カ月で3名の方とお見合いできました。35歳の誕生日も近かったので、なるべく前向きな気もちで活動するようにしていました。

そんな時、電話の声がとても印象に残る方と出会いました。お会いするとノリが良く、自然体でデートが楽しめました。お互いに現場を統括するタイプの仕事だったこともあり、悩みなども共鳴しながら話せたこと、また家族の話でも盛り上がれました。私は長女で「しっかりしなくては」的な意識がいつもあったので、お相手に安心して甘えられる感じが新鮮でした。

そしてお店で遭遇した小さな子に、彼がとても優しく対応する姿にも惹かれていきました。



ここでサンマリ十海からのメッセージ

M様が婚活を始めた時期はコロナと重なり、活動は慎重にならざるを得ませんでした。職場のお仕事は普段にも増して大変だっと思います。園の行事の時はそちらに集中するなど、婚活に緩急つけられるご様子に、練れたお人柄とプロ意識を感じました。

「自分は悩みがちで」と話されていたM様。しかし自分軸をしっかりお持ちで、こちらからの提案にはニコニコと笑顔で即応されました。お相手の条件にはこだわらず、まずはいろいろな方と会ってみる柔軟性と好奇心をお持ちでした。「わかりました!」の決断力と「やってみます!」の行動力―その婚活のご様子は、なんだかカッコいいと感じさせる爽やかさでした。



サプライズプレゼント!

一番心に残るエピソードとしては、私の好きなアニメのキャラクターについて話した翌週のこと。待ち合わせ場所に現れた彼が大きな紙袋を持っていました。私は仕事帰りの荷物かなと思ったのですが「これ、あげる」と中からはなんと!そのキャラクターの大きなクッションが出てきました。

彼はコンビニで、たまたま見かけたキャラクターのくじを引いてくれていたのです。そして偶然にも大当たりだったそうです。まだ交際を始めて間もなく、会話も敬語で交わしがちな時期でした。そんなに私のことを常に考え、大切にしてくれる彼。もうこの人しかいないなと感じるようになりました。


運命の相手に待ったなし

そしてあっという間の成婚。プロポーズは夜景の見えるレストランで「結婚してください」とメッセージの入ったケーキがサプライズでした。星型のネックレスを贈っていただき、指輪は後日一緒に選びに行くことになりました。暮らす場所や式についても二人で考えることが、毎週の楽しみとなっています。

運命の相手は時間をかけなくてもわかるというのが今の実感です。大切なのは、自分の直感!あとはサポートしてくれる担当者さんを含めた周りからの追い風

自分が「自分らしくいられる」方が絶対にいると思います。皆様の婚活が充実されますことを心より願っております。



キレイで優しいお姉さんな雰囲気のM様は、明るく頼りがいのある男性と結ばれました。子ども好きなカップルに乾杯です!